FC2ブログ

UNIC DIARY

E・コッカーの二代目と暮らして、はや5年。 相変わらずマイペースな二代目と、 のんびりオーナーの日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私が、動物病院で研修していた頃から、ずっと患者さんとして通っていた
パピヨンのベルディー。

いつも、健康診断や、ワクチンやフィラリアの予防に来ていたベルディーが、
私が病院を退職する頃には、ベルディーも10歳近くなり、
腎臓が悪くなってきてたようです。
その後、3年間、ベルディーの闘病生活が続きました。

家族みんなが、「ベルディーが少しでも楽しく暮らせるように・・・」
「少しでも長く生きてもらいたいから・・・」
毎日毎日、キレイに毛をとかし、お尻の周りの毛を拭き、お目めの周りもフキフキ。
お外に出た後は、足回りもきれいに。

ベルディーは最後のその時まで本当に若々しく、
病気とは思えないくらい、キラキラに輝いていました。
そして、ベルディーが健康だった時よりも、
家族にとってはその3年間が、濃密で温かい時間だったのだと・・・。

きっと、ベルディーに与えられた時間だったんだね。




berudy..jpg

ベルディーです♪
ベルディーの毛を少しだけ残しておいたとの事で、
その毛を植毛し、rikurinさんに小さなベルディーを作って頂いたのです。
届いたベルディーを見て私もビックリ! 「ベルディ~だぁぁぁ 泣」

届いた事をご連絡すると、お母様とお父様がすぐに来られました。
そして、この小さなベルディーを見たとたん・・・

「ベルディー・・・」 涙がどんどん溢れてきます・・・。


20070623204442.jpg


ベルディーの毛は、胸元と、尾っぽに植毛されています。
4体あるのは、遠く県外で離れている息子さん達のために・・・。
みんなベルディーだけど、それぞれ表情が微妙に違うのです。

お母様は4体のベルディーを眺めながら、
「涙は出るし、嬉しいやらで大変ね(笑)」 と、おっしゃって、
本当に、愛しむように触ってらっしゃいました。

UNICのお店では、いつもお客様のワンちゃんを触りながら、
「ベルディーはね・・・」と、いつも明るくお話ししていましたが、
やはり、大事な家族を失う悲しみは、計り知れません・・・。

この小さなベルディーが、何か新しく踏み出せるキッカケになればな・・・
と思います。




スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

UNIC
  • Author: UNIC
  • 海から程近い、静かな住宅街にUNICはあります。
    DOGグッズや生活雑貨など・・・etc
    美味しい珈琲と紅茶もご用意してお待ちしております。
    愛犬のE・コッカーの「二代目」は相変わらずマイペースでオレ流ですが、
    もしお会いする事がございましたら普通に「にだいめ~♪」と
    呼んであげて下さいまし。

    *UNICオンラインショップ*
    http://www.unic-web.com


        

Search

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。